<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
HERLEQUIN BIS(エルルカンビス)@湯河原
先日、究極の隠れ家レストランへ仲間たちと参りました。
隠れ家レストランは数あれど、これ程の隠れ家はあまりないのでは?
ナビがあるにも拘らず周辺をグルグル…。

やっとたどり着いたそのお店は竹林の中にひっそりと佇んでおりました。
駐車場への坂道も、本当にこの先?と思う程急ですので
お車で行かれる方はどうぞご注意くださいませ。


外観と店内の様子です
b0253622_2153344.jpg


私たちが今回頂いたのは
「陽射しの中で宵の趣を」というお魚とお肉に加えて小さなごはんものまでつくコース
b0253622_21563070.jpg


スイーツも盛り合わせにして下さいました
b0253622_2159359.jpg


ちょっと行きにくい場所ではありますが
隠れ家感たっぷりですし、食材の組み合わせも斬新です!
ソースも目新しく〆のご飯ものが炊き込みご飯だったりと楽しませてもらえます♪
何より竹林に癒されたひと時でした♡


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by wanosalon | 2014-07-17 22:03 | その他雑記・美食 | Trackback | Comments(0)
「ゆかた茶会2014」開催のお知らせ
所属致します煎茶道方円流東京東支部の「ゆかた茶会2014」を御案内申し上げます

以下、支部のブログより転載しております!

***************************************************************

毎年恒例のゆかた茶会でございますが、今年は、裏千家茶道様と
煎茶道方円流とのコラボ茶会の企画が整いました
私が長い間夢見ておりました茶会が、この度いよいよ実現することになり
大変嬉しく思っております
お暑さ真っ盛りの時ではございますが、緑豊かな、都心の一等地の
「涼」を感じる庭園のお茶室で、お抹茶と玉露、そしてお菓子をお楽しみ
頂けましたら、本当に嬉しゅうございます
どうぞ宜しくお願い致します


日時   2014年 8月24日(日曜日)
場所   東京目黒区菅刈公園内 和館  
時間   9時45分~、10時半~、11時15分~、12時~、
     12時45分~、13時半~、14時15分~
     以上7回の予定でございます
     所要時間は一時間余りの予定で、冷淹席(冷たい玉露)の後
     お抹茶席の順にお入り頂きます
茶券代  2000円

ブログよりお申込頂けますよう、重ねてお願い申し上げます
また、御質問など、御遠慮なくお申しつけ下さいませ

社中一同、楽しみにお待ち致しますので、どうぞ宜しくお願い致します

                     蓮江 倖園

*******************************************************************

以上、支部長からの案内でございます。
ご希望がございましたら私のブログ及びFacebookからも受付させて頂きます。
今回は単独での開催ではございませんのでお席に限りがございます。
なるべく早目にお申し込み下さいますようお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by wanosalon | 2014-07-15 23:21 | お茶会関係 | Trackback | Comments(0)
国立能楽堂で道成寺を鑑賞しました
先日、国立能楽堂で道成寺を鑑賞しました。

b0253622_2374380.jpg
b0253622_2373132.jpg


これまで、夜桜能や薪能など屋外で夜間に楽しむことが多かったので
正式な場に伺うことに少し緊張しましたが、現在「和の伝統文化」を学ぶ学生でもある私。
大学で能楽の鑑賞の仕方を学んでから臨みましたのでこれまでよりも楽しむことができました。

今回は狂言が素袍落、能が道成寺でしたが、
今後は同じ題目でも演じる流派違いで楽しんでみたいと思っています。
また、同じタイミングで歌舞伎を観に行っていた友人が、幸四郎さんの太郎冠者で
素袍落を観たとの事。そちらも大変興味をそそられました♡


大学での学びのお陰で能楽鑑賞も歌舞伎鑑賞も
より楽しみが増えました♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by wanosalon | 2014-07-15 23:07 | 美術館etc. | Trackback | Comments(0)
半夏生と半化粧
おはようございます。
(夏至から数えて11日目の)本日より5日間は雑節及び72候の半夏生。



梅雨の末期で半夏(別名カラスビシャク)という植物が生える頃と言われており
この半夏が生える頃という事で「半夏生」という名がついたとか。


写真は「半夏生」という名の、
「半夏」とは全く別の植物ですが、こちらは半夏生の頃に花を咲かせ
葉の一部を残して白く変化する様子から
「半化粧」と呼ばれたのが「半夏生」になったという説がございます。
興味深いですね。


写真は昨日近所の寺院で撮影したものです。

b0253622_981321.jpg



我々日本人の多くが農業に携わっていた時代にはとても大切な目安となる日で
田植えは夏至の後に始め、半夏生に入る前には終えるものだったとか。

無事に田植えを終えると田んぼの神様にお供えをして感謝する
さなぶり(早苗饗)という行事が今でも
東北地方などで残っています。


自然と共に生きた時代の先人の知恵は素晴らしい!
そんな時代に思いを馳せた半夏生の今朝でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by wanosalon | 2014-07-02 09:36 | 歳時記 | Trackback | Comments(0)
  

煎茶道方円流櫻園教室(東京東支部所属)主宰。お問合はwanosalon@gmail.comまで。
by owen yanagisawa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
煎茶道3流派合同茶会 於 広..
at 2017-06-09 22:04
卯月の煎茶道教室
at 2017-05-10 10:59
「初かつを」絵画館お稽古にて頂く
at 2017-04-20 16:33
新茶の季節がやってきました
at 2017-04-19 14:39
弥生の煎茶道教室
at 2017-03-26 18:31
外部リンク
ファン
ブログジャンル